中島保寿の古生物学研究室@東京都世田谷区

メンバー

中島 保寿 なかじま・やすひさ 博士(理学)

准教授 (古生物学・進化生物学)

過去のメンバー

岩野 豪   (いわの・ごう)   学士(-2019年度)

津雲 美瑠  (つぐも・みちる)  学士(-2019年度) 

海野 奏   (うみの・かなた)  学士(-2018年度)

磯崎 えりか (いそざき・えりか) 学士(-2018年度)

安藤 未来  (あんどう・みき)  学士(-2018年度)

中野 楽   (なかの・らく)   学士(-2018年度)

2001 - 2005

東京大学理学部地学科

​地質学・鉱物学コース 修了

学士(理学)取得

2005 - 2008

東京大学大学院理学系研究科

地球惑星科学専攻 修了 修士(理学)取得

2009 - 2013

東京大学大学院理学系研究科

生物科学専攻 修了 博士(理学)取得

​研究室代表の略歴

2013 - 2015

ボン大学シュタインマン研究所

博士研究員(日本学術振興会海外特別研究員)

2015 - 2018

東京大学大気海洋研究所

日本学術振興会特別研究員

 2018-

東京都市大学 理工学部(当時:知識工学部) 自然科学科

​准教授

​脊椎動物(骨のある動物)を対象に、解剖学と分類学の視点に時空間軸を加え、進化と絶滅の謎を解いています。

化石がありそうな所があれば発掘に、動物が亡くなれば解剖に行きます。発掘調査は大の得意科目です。

キーワードは「必然性」、進化の歴史には偶然と呼べるものはなく、必ずそうなった「理由」があるはずと考えています。

その「理由」を求めて日々研究を行っています。

© 2017 by Yasuhisa Nakajima created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now